産院のママクラス後期に参加してきました☆

 

いよいよ予定日まで2ヶ月を切りました!!

私の通っている産婦人科では

ママクラスという出産に向けての講習会みたいなものを

前期と後期で2回開催してくれます。

 

前期は妊娠15~20週の人対象

食生活や体重管理、マイナートラブルについてのお話。

こちらはネットでもわかりますしそこまで重要ではないので

もしお暇なら参加していただければと助産師さんに言われていました。

ですので私は前期は参加しませんでした。

 

後期は妊娠30週~35週の人対象

これから出産までの流れや過ごし方と

当院ならではの説明や紹介が多々あるため

初産なら特に参加をお願いしますとのことでした。

私もこれはぜひ参加したいと思ったので、先日参加してきました!

 

そこで今日は、ママクラス後期で聞いてきたお話

ママクラスに参加できない方やこれからという方の為に

少しでもお教え出来たらなと思ったので

ここでお話していきたいと思います♪

久々に学生時代のように沢山メモとってきたのでね!!

 

妊娠後期の検査説明

 

こちらは院長先生からお話をしていただきました。

聞き取って自分でメモしたものになるので

おかしなところがあったらすいません(;´Д`)

 

GBS(B群溶連菌)検査

 

33週あたりで、膣内にGBSという細菌がいるかどうかを

調べる検査があるとのことでした。

 

私達の体には色んな菌が住みついており、GBSもその一つなので

通常は問題ありませんが、お産で赤ちゃんが産道を通るときに

赤ちゃんへ感染して感染症を引き起こすことがあるそうです。

 

もし検査で菌がいた場合は

抗生物質を投与して菌を殺して、赤ちゃんへの害を防いでいくそうです。

なので菌がいても心配することはないですよ~!と先生。

ちょっとびっくりしましたが、大丈夫なら良かったですΣ(゚д゚lll)

 

内診で子宮口チェック

 

37週以降は毎週検診に行き内診で子宮口の開きをチェックするとのこと。

目安は、37週地点で指1本分開いているとちょうど予定日ぐらいの出産

3センチほど開いてしまっていると1週間以内には出産になるそうです!

39週で産めるのが1番ベストだと先生はおっしゃっていましたね。

 

初産だと41週を超えてしまうと帝王切開になる確率が50%になるそうです。

もともと帝王切開になる確率は20%、10人に2人はなるみたいですね。

帝王切開ももちろん立派な出産方法ですが

合併症になってしまうことが多いので

なるべくなら避けたいと先生はおっしゃっていました。

 

私は現地点で逆子なので、このまま38週まで行くと帝王切開になるので

合併症のことを初めて知って少し不安にはなりましたが・・

きっと戻ってくれるよと助産師さんも言っていたので

ただひたすら願って待つことにします(´;ω;`)♡

 

ちなみに、逆子体操なのですが

母にもTwitterのフォロワーさんにもした方がいいと言われたのですが

実際のところ、効果は証明されていないらしく

する意味はないのでしなくていいと先生に言われましたΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

なので、もう本当にただただ祈るばかりですね。

どうか回ってくれー!!

 

ノンストレステスト

 

その名の通り、赤ちゃんにストレスがないかチェックするもので

赤ちゃんの心拍数を一定時間モニタリングするんだそうです。

 

赤ちゃんの心拍数は1分間に110~160が平均。

それに対して、時折脈が激しくなって山ができたりすると元気な証拠

逆に時折脈が弱くなって谷が出来ていると

赤ちゃんになんらかのストレスを与えているということになります。

 

心拍数のモニタリングは、検査はもちろん入院したら

ずっとチェックしてくれるみたいなので

常に赤ちゃんが元気か確認できるのはありがたいですね!!

 

分娩誘発

 

予定日を超えてしまうと1週後から分娩を誘発するそうです。

先ほど述べた、なるべく帝王切開は避けて自然分娩で挑むためです。

 

方法は二通りで、内服か点滴です。

少しでも子宮口が開いていれば、内服で風船を入れて

子宮口をやわらかくすれば結構効き目があるみたいです。

全然開いていないと点滴での誘発になりますが

効かない人はびくともしないとおっしゃっていました・・

ちょいと不安要素ですが、まあ赤ちゃんのタイミング次第ですね。

 

お産の心構え

 

こちらも院長先生からでした。大事なことは以下の2つ!!

 

いきまない

 

意外と普通なこと言うなぁと思ったのですが、

最後までいきまないのがベストだとおっしゃっておりこれはびっくり。

 

てっきり子宮口が全開になったり頭が出てきたら

思いっきりいきんでいいのかと思っていたのですが、

それはどうやら昔のお話のようで

今は最後まで深呼吸でリラックスした状態でいるのがベストなんだそう。

 

まあ状況に応じて、いきまないと厳しい状況になったら

いきんでいいですよ~となることもあるみたいですが。

 

なにより早い段階からいきんでしまうと

産道が閉まって赤ちゃんが出てこれないのでお産が進まないのと

赤ちゃんに酸素がちゃんと行きわたらないと赤ちゃんが息苦しくなるので

指示のないときはいきんではダメとのことでした。

 

あせらない

 

これもまたわりと普通な事なのですが

どうしても長丁場になるので焦ってしまうみたいですね。

 

初産は14~15時間かかるのが当たり前だということを忘れずに。

陣痛は赤ちゃんが出てくる準備をしているのでいいことだと捉える。

 

そうすると自然と痛みも和らいでくるんだそうです!!

これはいいことを聞きましたね♪

実際そうなったら落ち着けるかわからないけど。笑

立会する旦那さんによく言っておきます。

 

お産の流れと過ごし方

 

ここからは助産師さんのお話になります。

文章にしているとかなり長ったらしくなりそうなので

いただいたプリントの画像を使っていきますね!

 

お産の経過

 

まずは子宮口が前回になるまでの流れです。

 

お産が近づくと、子宮口が開いたり子宮が収縮したりすることにより

卵膜がはがれて少量ですが出血するそうで、それをおしるしと言います。

 

おしるしはない人もいるみたいですが

その後に陣痛が開始、とりあえずナプキン装着で様子見。

陣痛の間隔が初産で1時間で6回以上になったら入院準備開始。

その前に破水や月経のような出血があっても入院開始になります。

 

そこから陣痛の間隔がどんどん短くなり

写真の子宮口全開になるころには

2~3分おきに1分近く続くみたいです。

ここまでにかかる時間が、上の写真に手書きでも書いた11~13時間です。

 

 

全開になってから出てくるまでの流れです。

 

ここからは1分ずつで陣痛→休憩のサイクルみたいです。

痛いし大変だけど、絶対に休憩があるから

頑張れますよと助産師さんはおっしゃっていました。

ここから赤ちゃんが出てくるまでは1~2時間です。

 

やはり合計で14時間ほどはかかってしまいますね!

いきまない、あせらない。これを忘れないようにと♪

 

そして赤ちゃんが出てきてから10分くらいで

500~600グラムの胎盤が出てきて無事に出産終了になるそうです。

考えただけで緊張してきますね(=゚ω゚)ノ

 

お産の過ごし方

 

陣痛がきたら、ゆっくり深呼吸をしていきみをひたすら逃します。

ろうそくを吹き消すように細く、息を全部吐いて

吸うときは必ず鼻からお腹いっぱいに。と教わりました!

今日から早速練習するようにとも言われ、

旦那さんにも教えて早速練習しています。

 

赤ちゃんの頭が出る時は、短く浅い呼吸に変えたりと

状況に応じてその場で指示をしてくれるそうです。

 

痛みで体が反ってしまいがちですが

顎を引いて、お腹の赤ちゃんの方を見ることにより

赤ちゃんが出てきやすい体勢になるみたいです!意識しないとですね。

 

あとは水分補給をたっぷりしてリラックスすることが大事。

トイレにも最後まで何回も行かせるとおっしゃっていました。

その運動がまたお産の進みをよくしてくれるみたいです。

 

お産に向けてのこれからの過ごし方

 

適度な運動をする

 

少しずつでいいから毎日続けること。これ私やばいです・・

夏で暑いので歩きにも出ず家の中に毎日いたのでピンチ( ;∀;)

 

助産師さんは、お家の中でも出来るもっとも最適な運動が

床掃除を毎日することだと教えてくれました。

我が家はクイックルワイパーなんですけど・・と思いましたが

四つん這いの体勢が赤ちゃんがいい位置に入ってくれるので

安産に繋がるんだそうです!!

そう言われたらやるしかないので少しずつ頑張ります。笑

 

股関節を柔らかくする

 

ただでさえ長丁場の体力勝負なうえに

分娩台ではものすごく足を広げるんですよね!

実際に分娩台も見てきましたが

身体がかたいとそれだけできつそうな開き具合でした。笑

なので普段から常にあぐらをかくようにと言われました。

これはお安い御用ですね!!追加でストレッチもしておきますわ♪

 

体重管理を引き続きしっかりと

 

太りすぎてしまうと、赤ちゃんが出てくる産道に脂肪がつくので

赤ちゃんがスムーズに出てこれなくなりお産が長引きます。

以前から先生にかなりきつく指導されていたのはこの為でした。

なので最後まで体重を意識し、目標体重で出産に臨むようにと。

 

私は先生のおかげでいい感じにここまで来れてるので

最後までこの調子で太りすぎないよう頑張るぞ☆

 

おっぱいのお手入れ

 

母乳の準備はすでに始まっており

乳頭に分泌した母乳が垢のように溜まってくるので

お風呂に入った時によく洗うよう言われました。

言われてみるとポロポロとカスのようなものが出てきたので

赤ちゃんの為にしっかりお手入れしておかないとですね!

 

入院準備品・入院生活の説明

 

これは産院によって違うので詳しくは載せませんが

私の産院はお産セットが支給されるので

自分で用意するものはほとんどなく、下着くらいでした♪楽ちん♪

とりえあず印鑑と母子手帳だけは必ず持参しておけば問題なし!

 

ただし入院前に必ずしておくべきことがあり

手・足のマニキュアは落としてくるようにと言われました。

これは爪の色で体の様子を見ることがあるからだそうです!

足は常に塗っていたので、今から落としておかないとΣ(゚д゚lll)

 

あとは結婚指輪もむくんでしまうので外してくるようにと。

これはギリギリまで外したくないからとりあえず気にしなくていいや♡笑

 

入院生活は出産日含めて5日間。

かなりのハードスケジュールになりますよ~とおっしゃっていました。

赤ちゃんのための指導を受けれるのはありがたいですからね( *´艸`)

ハードなぐらいみっちり教え込まれた方がむしろいい!!

そしてお祝い膳はイタリアンのフルコースらしいので楽しみ♡

 

院内見学をして終了!!

 

2時間のママクラスでしたが、

出産までのビジョンがかなり明確になり

これは参加してとてもよかったなと思いました♪

 

あとはやれることをやって、時期を待つだけですね。

入院・出産準備品もある程度用意したし

もういつでも覚悟は出来てるぞチビちゃん♡

 

ここから2ヶ月待ち遠しくて長く感じてしまいそうだけど

無事に元気な赤ちゃんを産めるように

健康面なども気遣って生活していきたいと思います!

まあまずは運動が大きな課題ですね(;´Д`)

面倒だけど少しずつ頑張ろう!!おー!!

 

 

長々とここまで読んでくださってありがとうございました。

それではまた、ららこでした(∩´∀`)∩